仕事を辞めて

つい数か月前まで、私は本当に時間的に余裕のない生活を送っていました。7時には家を出て片道1時間半近くかかる道のりを運転します。買い物をして帰宅するとすでに20時を回っていることもありました。

 
そこから夕飯の支度をして子どもたちに食べさせ…もちろん家のことをする余裕はほとんどないため、家の中はぐちゃぐちゃ。寝るのはいつも夜中の1時くらいでしょうか。風呂も入らずソファの上で寝入ってしまうことはしょっちゅうです。寝入っても、朝早く起きて5分でシャワーを浴びて…

このままこんな生活を続けていいのか、本当に悩んでいました。人は何か変化を起こそうとする前が一番エネルギーが必要だと聞いたことがあります。今までそこに存在していたものがある日突然変わる…こう考えただけで不安で仕方がなくなります。

突然仕事を辞めたらどうなるんだろう…幾度となく考えました。第一に収入を得る手段が全くなくなってしまうこと。これは本当に恐怖です。

ただ、私はもう色々なことに対して戦う気力が失せていました。10年近く勤続しましたが、全力でどんなに頑張っても会社の規定上の壁があったこと。理不尽な上司の叱責に耐えられなくなったこと。カウンセリングに通うまでして続ける仕事なのか…。

一年くらい毎日このことばかり考えました。今は見えない未来への不安と、同時に沸き上がる違う自分への期待感。そんなすっきりしない気持ちを整理するために、時々旅費の安い時期を狙っては大好きな沖縄に飛びました。家族には迷惑をかけましたが、一人で旅をさせてもらいました。幾度となく沖縄を訪れていても今まで行ったことのなかった場所に積極的に足を運び、これから生きるため「何か」…ヒントを得ようと必死だったような気がします。

そこでたまたま出逢った人たちから貴重なメッセージをもらい、まるでパズルのピースを埋めていくように進んでたどり着いたのが「布しごと」でした。琉球藍染めの美しさを目の当たりにし、植物で布を染める技術があることを知り、自分で綿花から栽培し糸を紡がれている方がいることも知りました。

私もこんなことがやってみたい…心からそう思いました。

仕事を辞めた今、収入はゼロになりました。でも、自分のすぐそばで繰り広げられる四季の移り変わりをこれほど気にかけたことがあったでしょうか。毎日の空の色や空気の匂いが違うことに気付いていたでしょうか。

一日の大半を仕事に費やしていた分、家にいて好きなことをしていることに罪悪感を抱かないか…と言われたらそれは嘘になります。何か悪いことをしている気分になることも時々あります。

しかし、私は今、どうにかして自分なりの「布しごと」の形を確立したい…そう思いながら日々を楽しんでいます。プロフィールの欄にも書いていますが、今のところ本職とはとても言い難い状態です。どうしたら前へ進めるかな、どうしたら少しでも「仕事」と言える状態になるのかな。

答えは分からないけれど、今はとにかく自分が楽しむことで精一杯です。最近ハマっているゆるゆるな草木染め実験も、自分が知りたくて仕方がないのでやっているわけで、やりだしたら止まりません。布を形にする時も、自分だったらこんなのを身に着けたいな…と純粋に思い、バッグや小物にしています。

たったそれだけの想いで、今は毎日を楽しく過ごしています。未来に続くといいな。

 

 

 

ゆるゆると、自然の中で布に関わる手仕事について綴るブログです。

自分の中にあった溢れる好奇心と、「自分の居場所を見つけたい…」という想いから始めました。
たくさんの方と想いを共感できると嬉しく思います。

INDIGO DROPSのショップはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です