月桃で草木染めをする(予備実験)

防虫、防カビ、抗菌作用など嬉しい効果があると言われている植物「月桃(ゲットウ)」。この月桃を使った草木染めの方法を一つ一つ確かめながら探っていこうと思います。

 

月桃はどんな植物?

ゲットウ月桃はショウガ科ハナミョウガ属(アルピニア属)の多年草。 学名Alpinia zerumbet

特徴 地下茎は横に這い、あちこちから地上に偽茎を立てる。偽茎は高さ2mほどになり、先端の方に互生するように大きな葉をつける。葉は楕円形で緑、やや硬くてつやがある。 5月-6月に偽茎の先端から穂状花序を出す。花序はやや垂れ下がり、赤い縁取りの入った白い苞に包まれた蕾が並び、その先が開くとそこから突き出すように大きな白い花を咲かせる。花弁は厚みがあり、蝋細工のような手触り。唇弁は黄色で、中央に赤い縞模様がある。9月-10月に赤い実を結ぶ。

分布 熱帯から亜熱帯アジアに分布し、日本では沖縄県から九州南部に分布。

-Wikipedia「ゲットウ」より-

DSC_1037

これは沖縄本島北部・今帰仁で撮影した自生の月桃です。大きいものではこのように大人の背丈をゆうに超えますが、意外なことに夏の強い直射日光はあまり好きではないらしく、日陰のほうが葉が大きく育つとも聞いたことがあります。

沖縄ではとってもポピュラーな植物で、庭できちんと手入れをされている植物というよりは、庭や道端に勝手に生えていると言ったほうがいいかもしれません。私が住んでいるところでいうと、どこにでもありそうなヨモギなどと同じ感覚かもしれません(外見は全然違いますが、ごく身近にある植物…という意味です)

スパイシーだけどちょっと甘い独特で清々しい香りが特徴です。子どもの頃沖縄に住んでいた私にとってはとても懐かしい香りで、今でも沖縄に行った際に月桃を見かけると思わず葉をちぎって香りを嗅いでしまいます。

月桃の用途は?

  • 古くから沖縄では薬草として人々の生活に欠かせないものだったそうです。例として月桃のタネは健胃薬として用いられることもあったそうですよ。
  • 抗酸化作用、防カビ効果、防虫効果があるとされています。月桃の葉で餅を包む「ムーチー」は、これらの効果のお陰で長く保存がきくとも言われています。
  • 葉から抽出される精油がアロマテラピーに使用されていたり、肌を美しく保つとされていることから、化粧品や石鹸などに幅広く使用されています。

確かに、月桃をしばらくそこらへんに置いていてもカビが生えたりしないな…と思ったことはあります。他の植物を置きっぱなしにしたら、たいていはカビが発生したり、変質して変なにおいがしたり…(そこまで放置せずに処理するのが一番です(笑))  個人の感想であり効果・効能を示すものではありません。

そして、私が今注目したい月桃の用途と言えば「草木染めの材料」として使用することです。一般に、月桃からはピンク系の色素が抽出できるとされています。他の方のブログを拝見していても、サーモンピンクのような素敵な色で染められている方もいらっしゃって、これは私もやってみたい!と思ったのです。緑色の葉からピンクが抽出できるなんて面白いですよね。

月桃染めの準備

img_20160902_141652-3

これは今年の夏に色々な植物を使って草木染めをしてみた時の画像なのですが、右から二番目のごくごく薄いオレンジ色が月桃染めです。ちょっとピンク色とは違うかな…といった感じでした。

 

そして今回、沖縄在住の方から、たくさんの月桃(げっとう)を頂きました。以前、私が「こちらにいても月桃で布が染めたい」と話したのを覚えて下さっていて、サプライズで送って下さいました。どうしても月桃の葉からピンク色を抽出させることに成功したいので、大切に使わせていただきます。

少量で予備実験的にではありますが、前回と全く同じ方法で染色してみたところ、下のような感じの色になりました。若干ピンク色に近づいた気もしますが、もう少しピンク色を強く出せないものか…。

今回少量で予備的に染めてみたものがこちらです

ちなみに今回の予備評価では、一旦冷凍させた月桃を染めて色が抽出できるかどうかの確認も兼ねたのですが、冷凍させても変わらず染められることが確認できました。むしろ、そのまま煮だすより濃く染まる気もします。

 

この時点ではきれいなピンク色なのですが…もしかしたら媒染の方法を変えたらうまくピンク色が出せるのかな…と思ったり。予備評価ではこのような感じでしたが、今から仮説も立てて、変わらず月桃染めを楽しんでいきたいと思います。それにしても奥が深い草木染めです。やればやるほど疑問が沸いてきます。

ゆるゆると、自然の中で布に関わる手仕事について綴るブログです。

自分の中にあった溢れる好奇心と、「自分の居場所を見つけたい…」という想いから始めました。
たくさんの方と想いを共感できると嬉しく思います。

INDIGO DROPSのショップはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です